PythonでSLコマンド

プロンプト上でSLを走らせるslコマンドをPythonに移植しました。

slコマンドとは、豊田正史氏が作ったキータイプ矯正ソフトでして、Linux等のプロンプトで、フォルダの中身を知りたい時に使うコマンド「ls」を間違えて「sl」と打ってしまった時に発進し、使用者を和ませたりちょっとイラつかせたりするものです。

sl

ダウンロードは↓から可能です。

sl.zip

公式ページは↓

豊田正史とslコマンド (Masashi Toyoda and SL command)

Python2.x系がインストールされているPCならば使用可能ですが、OSがWindowsの場合モジュールが揃わず使用できないかもしれません。

使用例としまして、Python2.xがインストールされたLinux等で、実行ファイルであるsl.pyをslにリネームし、/bin などパスの通ったところに設置することでいつでもslを走らせることが出来ます。

なお、本家と同様に -l や -a といったオプションにも対応させました。

下の動画は、脱獄したipod touch上のコンソールで動作させてみたものです。




カテゴリー Program