手作り着用兜の製作手順

端午の節句用に本格手作り着用兜で紹介した兜について、製作手順を記しておきます。

もし同様の兜を作る人がいましたら、参考になるかもしれません。

 

材料

基本的には家にあるものを使って、出来るだけ節約して作りました。

  • 黒のフェルト (100均のロール状のもの2枚使わない程度)
  • 和柄の布
  • 厚紙(お菓子の箱で代用)
  • 金色の紐
  • 赤色の紐
  • 金色のリボン
  • 針金
  • 装飾類(チャーム付きのヘアゴム、飾り金具、レジン等)

 

手順

1. 黒色のフェルトで少しだけ大きさの違う半球を2つ作ります。型を作って、7枚で1つの半球になるようにしました。大きな半球が、兜の鉢の外側部分になります。

 

2. 大きな半球の周りに、フェルトで作った輪っかをつけます。1で作った外側の鉢の円周に合わせて、型を作りました。型紙が円周の⅓のサイズなので6枚を縫い合わせ、中に厚紙を挟んで補強しています。

 

3. 鉢の縫い目に合わせ、金色の紐を糸で縫い付けて固定します。さらに、天辺(頂点)に飾りをつけます。この飾りは100円ショップの髪飾りを分解したもので、ホットボンドで固定しました。

 

4. 次に、目庇(まびさし)を作ります。黒のフェルトと和柄の布を縫い合わせ、中に厚紙を挟んで補強してあります。

 

5. 吹返しを作ります。長方形に切った2枚のフェルトを縫い合せてていますが、このフェルトのなかに、テープで張り紙が固定された厚紙を入れ、反りが固定されるようにしました。正面を向く側には和柄の布と、金色のリボンを縫い付けてあります。

 

6. 「しころ」を作ります。和柄の布とフェルトを、厚紙を挟んで縫い合わせたアーチ型のパーツを大小2つ作り、少し被さるように重ねて縫い付け、段差を作ります。

 

7. 鍬形を作ります。厚紙を3枚貼り合わせて強度を持たせ、断面を紙やすりで整え、金色の絵の具で塗装しました。

 

8. 組み立てていきます。まず、鉢に4の目庇を縫い付けます。次に、5のしころの両端だけ残して鉢に縫い付けます。そして、鉢としころの間に6の吹き返しを挟んでこれも縫い付けます。1で作った小さい半球も、縫い代を外側に向け、鉢の内側に縫い付けて縫い代を隠します。だんだん兜らしくなってきました。

 

9. 7で作った鍬形を兜につけます。目庇から鉢にかけてホットボンドで固定しました。さらに、鍬形台には100円ショップに売っている装飾用の金具と、金具とレジンで作ったチャームを接着しました。目庇に金色の紐も追加してあります。

 

10. 忍緒を作って取り付けます。忍緒は赤い紐を編んで太い紐を作り、鉢に縫い付けました。ただ、結んで使うには短すぎでしたので、別の紐で輪を作って、そこに通して固定します

 

完成

兜の出来上がりです!