玄関ドアにミニ黒板で持ち物管理

セリアのインテリアミニ黒板と、インテリアウォールバーを組み合わせると、おしゃれな黒板が作れるみたいです。

しかも、幅が同じなのでほとんど余計な手間いらず。

 

ということで、作ってみました。

miniblackboard1

 

バーの固定は木工用ボンドだけでも大丈夫っぽいですが、短い釘が余ってたんで適当に打ち付けました。

ドアに吊り下げて使うので、揺れ動いた時に傷がつかないように、裏の4つ角にホットボンドを垂らすだけで作った緩衝材をつけています。

miniblackboard2

 

金具に麻紐を通し、同じくセリアで買ってきたマグネットフックで玄関のドアに下げてみると、こんな感じです。

miniblackboard3

 

これまではメモ帳に書いた持ち物リストをドアに貼っていただけに、オシャレ度が増した感じがします。

(しかし、少しキツキツに書きすぎたか…?)

ドアスコープを黒板で隠して、外から覗かれることのないようにすることで、少しだけ防犯性もアップしたでしょうか。

 

KAPLAかCitiblocsか…

KAPLA(カプラ)は1987年にオランダ人のTom van der Bruggernが考案した、1:3:15の比率で作られた一種類の木の板だけを使う積み木です。

by Toonmaassen

この素晴らしい比率により、以下の写真のような複雑な構造物を作ることが出来ます。よくある積み木やブロック遊びのように、役割の決まった形というものがなく、子供から大人まで想像力豊かな積み木遊びをすることが出来ます。そして、作ることと同じくらい、崩すのが楽しいとも言われています。

  by Eothin

by Dhayan

ところで、同様の商品にCitiblocks(シティブロック、シティブロックス)というものがあるようです。検索してわかる範囲で、違いを調べてみました。

KAPLA

Kapla カプラ魔法の板 200 KAPLA 2011 BA 積み木 並行輸入品

  • 板の比率 : 1:3:15
  • 最長辺長さ : 約117mm
  • 原材料 : フランス産海岸松
  • 生産国 : モロッコ
  • HP : http://www.kapla.co.jp
  • 特徴 : 高品質で17m以上のタワーを作れる精密加工。音の響きにも拘った木材選び。

基本は白木ですが、カラーバリエーションやピース数によっていろんなラインナップがあります。

 

Citiblocs

シティブロックス 300 ピース セット 木製 積み木 アメリカ 大人気 のシンプルな ブロック citiblocs 知育玩具 輸入 import

  • 板の比率 : 1:3:15
  • 最長辺長さ : 約117mm
  • 原材料 : ニュージーランド産ラジアタ松
  • 生産国 : 中国
  • HP :
  • 特徴 : 外の類似品と比べ安価であり、国内外での評価も高い。一方、ささくれや割れが報告されていることも有るため、遊ぶ前にはチェックすると良いかもしれない。

執筆時点でおそらく最安はこちら

KAPLAとCitiblocsの大きさはどちらも約117mmとなっていますが、実際どうなんでしょう?全く同じってことはない気がしますが…。

その他の類似品

さらに、KEVA planksやビルディングロッズという商品も、やはり比率が1:3:15で、長さ120mm程度の板のみからなる積み木のようです。

作例

細かい違いはあるものの、基本形状は同じなため、どれかの積み木で作れるものならほぼ間違いなく別の積み木でも作れるわけです。

いろんな形の建物を横に並べてもいいし

デッキハウスのように柱の上に組み立てるのも良いです。

by DC

蛇だってこの通り。

ドミノのように崩していくのも楽しそうです。

先述のKeva planksの公式サイトもいろんな作例があってオススメです。

http://www.kevaplanks.com/

上部のメニューからProjectsを選ぶといろいろ出てきます。

また、Citiblocsのマニュアルはこちらからダウンロード出来ます。

 

そして結局…

Citiblocs買っちゃいました!

citiblocs1

ダンボール製の箱なので、耐久性が気になります。

適当に組んだこれで150ピース程度。特にささくれ等は見つかりませんでした。全部で300ピースあるので結構大きな物が作れそうです。

citiblocs2

カテゴリー Item

400m巻紙バンド買ってみました

近頃、紙バンドを使ったカゴ作りに凝っています。

とりあえず30m巻を2つ使ってカゴを4つ作りましたが、単色で編むだけで可愛い物が作れており、これからもまだまだ作るなと思ったのでAmazonに出品している蛙屋さんで400m巻を買いました。

crafttape400

届いたダンボールを開けると、巨大バームクーヘンと言うか、タイヤと言うかがそこに存在しており、あまりの量にテンションアップ!

カゴはもっと作りたいけど、カゴの使い所が今後の悩みになりそうです。

テーブルのオイル塗り

永らく使用して、表面が白くなってしまったパイン材のテーブルにオイルを塗ってみました。

木のカトラリーや、一般的な木工の仕上げにも使われるクルミオイル(ウォールナッツオイル)を買ってみて、布の端切れに含ませて拭いてみたところ、

こんなに白かったテーブルが…

table1

木目がハッキリとしたテーブルに!

table2

パイン材の家具って、使っていくうちに色が変わっちゃうイメージでしたが、手入れすれば良い色でいられるんですね。

ちなみに、使ったクルミオイルは、Amazonで買った↓です。今後はカトラリー作りをした時に使うつもりです。

ブラジル製寄木細工?

所用でブラジルのレシフェに行った時にお土産として買ってきた、木製のキューブです。

DSC_5369

少なくとも3種類の違う色の木を組み合わせているので、寄木細工と言えないこともない。

しかも、ただの置物なのかと思っていたら、開きました。

DSC_5367

差し詰め、寄木の1ステップ秘密箱といったところでしょうか。

カテゴリー Item