1×4材でキーボード収納モニタ台

PCモニタ周辺の整理のため、キーボードとマウスを収納できるモニタ台を作成しました。

材料に選んだのは1×4材。ホームセンターが夏休みセール中で6ftが2本で400円程度でした。

ホームセンターで、そのままカットもしてもらうという手抜き具合です。

高さ(内寸)が1×4材の幅、奥行きが1×4材の幅の3倍といった具合に、木材の元の寸法を活かしてカットも最低限にしています。

目指すは4面が覆われた箱のような形状です。

組立時に釘を打たずに作ろうと思ったので、強度が落ちないよう背面にも板を張ることにしました。

我が家のキーボードは無線ではないため、この背面にケーブルを通す穴が必要ですが、こればかりは自分で開けました。

木材の下準備が終わった所で、直角が出るように注意しつつ、釘を打つことなく木工ボンドのみで固定します。

接着部の上に重りを置いて一晩待つだけで、案外丈夫に組み立てられました。

表面にヤスリをかけ、家に余っていたオールナット色のニスを塗り、底に机の傷防止用にフェルトを両面テープで貼って作業終了。

キーボード、マウスがちょうど収納され、安定してモニタを載せることのできる丈夫なモニタ台の完成です。

 

カテゴリー DIY

選べる天然色 三角屋根の木の家ピアス

アクセサリーの製作・販売を始めました。

アクセサリーの第一弾は、三角屋根の木の家をチャームにしたピアスです。

https://minne.com/items/10294244

天然の木の色をそのまま使ったナチュラルなアクセサリーなため季節を選ばず身につけることが出来ると思います。

 

また、木の色は現在①薄茶色、②薄茶色+縞、③茶色、④黄色、⑤濃茶色の5種類に対応します。

 

チャームの大きさは1cm×1cm×1cm程度です。下の写真は茶色と黄色の木の家です。

 

天然の木を素材にした手作り品のため、色や木目が異なる場合や、形が不揃いな場合がありますので、ご了承下さい。

こちらから購入できます。https://minne.com/items/10294244

ディアウォールを使ったベビーゲート

息子が動き回るようになり、キッチンに侵入しようとするのでベビーゲートを作りました。

木材をカットして作った木枠に、100均のメッシュパネルをはめ込んで作った扉を、ディアウォールで立てた柱に取り付け、閂で錠するようにしています。

 

メッシュ部分につかまり立ちしても大丈夫な程度には安定しています。

錠を室内側につけてしまったので、もう少し大きくなって知恵が出てきたら自分で開けてしまうかもしれないけど、その時は改造しようと思っています。

 

扉が奥に行きすぎないように、柱にはストッパーも設置してあります。

写真の通り、足元に段差がないので躓くことがないのが売りの一つ。

その代わり、少しでも開けておくと息子君にとって障害がないに等しく、普段なかなか通らせてくれないこともあり、すごい勢いで侵入してきます。しっかり錠をしましょう。

カテゴリー DIY

マスキングテープでウィリアム・モリス柄スマホケース

ウィリアム・モリス柄のマスキングテープを見つけたので、スマホケースの柄にしてみました。

ベースは100均のスマホケースで、繋ぎ目が目立たないよう慎重に貼り、剥がれてこないようにデコパージュの糊をコーティングしました。

今回使ったマスキングテープはこちらです。

カモ井加工紙 ウィリアム・モリス フルーツ

 

ウィリアム・モリス柄は他にも色々あるようで、どれも捨てがたいですね。

カモ井加工紙 ウィリアム・モリス いちご泥棒

カモ井加工紙 ウィリアム・モリス 菊

mt ウィリアム・モリス Leicester マスキングテープ

mt ウィリアム・モリス seaweed マスキングテープ

 

フタ付き手提げバスケット

クラフトバンドで作ったバスケットの販売を始めました。

https://minne.com/items/9297167

第一弾は、黄土色のクラフトバンドで作ったフタ付きのバスケットです。

 

以前、薬箱用に作ったものと同じデザインです。

エコクラフト薬箱

(以下の写真は、撮影時の光の加減で色がオレンジががっているので、上の記事の写真が実際に近いです。)

 

フタをロックすると、取手一つで持ち上げることができます。

金具を一切使わないシンプルな作りで、ナチュラルな雰囲気の部屋に合わせやすいと思います。

 

フタの模様も工夫しています。

中にはT&Hの紋章のタグを付けさせて頂きました。

そこそこの大きさがありますので、文庫本やもう少し大判の本を入れることも出来ますし、小物入れや、オムツ入れにも使えます。サイズ的に、薬箱として使うのも有りだと思います。ただこの場合、クラフトバンド自体は水に弱いので、中にプラ箱を入れて漏れに備えるといいかもしれません。

こちらから購入できます。https://minne.com/items/9297167

和風 紙ブックカバー 葛飾北斎 富嶽三十六景 5枚セット

和風 ブックカバー第一弾の販売を開始しました。

https://minne.com/items/9296734

クラフト紙に葛飾北斎の富嶽三十六景より「神奈川沖浪裏」、「凱風快晴」、「相州箱根湖水」、「相州梅沢左」、「礫川雪の旦」をあしらった、文庫本(A6サイズ)用のブックカバーです。

↓は使用イメージ。本を置いた時に見栄えする絵を選びました。

文庫本の厚さは最大で20mm程度まで大丈夫です。

5冊ならべた様子です。

色々な富士山が描かれています。

本品は折られていない状態のA4サイズで販売しています。

カバーの折り返しになる部分に、上下の折り目の目安用の印と、T&Hのロゴが入っています。

普段と違うブックカバーで読書を楽しみたい時に是非どうぞ。

minneで販売しています。https://minne.com/items/9296734

手作り着用兜の製作手順

端午の節句用に本格手作り着用兜で紹介した兜について、製作手順を記しておきます。

もし同様の兜を作る人がいましたら、参考になるかもしれません。

 

材料

基本的には家にあるものを使って、出来るだけ節約して作りました。

  • 黒のフェルト (100均のロール状のもの2枚使わない程度)
  • 和柄の布
  • 厚紙(お菓子の箱で代用)
  • 金色の紐
  • 赤色の紐
  • 金色のリボン
  • 針金
  • 装飾類(チャーム付きのヘアゴム、飾り金具、レジン等)

 

手順

1. 黒色のフェルトで少しだけ大きさの違う半球を2つ作ります。型を作って、7枚で1つの半球になるようにしました。大きな半球が、兜の鉢の外側部分になります。

 

2. 大きな半球の周りに、フェルトで作った輪っかをつけます。1で作った外側の鉢の円周に合わせて、型を作りました。型紙が円周の⅓のサイズなので6枚を縫い合わせ、中に厚紙を挟んで補強しています。

 

3. 鉢の縫い目に合わせ、金色の紐を糸で縫い付けて固定します。さらに、天辺(頂点)に飾りをつけます。この飾りは100円ショップの髪飾りを分解したもので、ホットボンドで固定しました。

 

4. 次に、目庇(まびさし)を作ります。黒のフェルトと和柄の布を縫い合わせ、中に厚紙を挟んで補強してあります。

 

5. 吹返しを作ります。長方形に切った2枚のフェルトを縫い合せてていますが、このフェルトのなかに、テープで張り紙が固定された厚紙を入れ、反りが固定されるようにしました。正面を向く側には和柄の布と、金色のリボンを縫い付けてあります。

 

6. 「しころ」を作ります。和柄の布とフェルトを、厚紙を挟んで縫い合わせたアーチ型のパーツを大小2つ作り、少し被さるように重ねて縫い付け、段差を作ります。

 

7. 鍬形を作ります。厚紙を3枚貼り合わせて強度を持たせ、断面を紙やすりで整え、金色の絵の具で塗装しました。

 

8. 組み立てていきます。まず、鉢に4の目庇を縫い付けます。次に、5のしころの両端だけ残して鉢に縫い付けます。そして、鉢としころの間に6の吹き返しを挟んでこれも縫い付けます。1で作った小さい半球も、縫い代を外側に向け、鉢の内側に縫い付けて縫い代を隠します。だんだん兜らしくなってきました。

 

9. 7で作った鍬形を兜につけます。目庇から鉢にかけてホットボンドで固定しました。さらに、鍬形台には100円ショップに売っている装飾用の金具と、金具とレジンで作ったチャームを接着しました。目庇に金色の紐も追加してあります。

 

10. 忍緒を作って取り付けます。忍緒は赤い紐を編んで太い紐を作り、鉢に縫い付けました。ただ、結んで使うには短すぎでしたので、別の紐で輪を作って、そこに通して固定します

 

完成

兜の出来上がりです!

 

端午の節句用に本格手作り着用兜

端午の節句に我が子に兜を被せたい、でも折り紙や新聞紙の兜じゃ満足できない、かといって着用の兜飾りは飾るにしても、しまうにも大きすぎる……

「よし、作ろう」

と言う訳で、フェルト、厚紙、和柄の布などを駆使して、着用サイズの兜を作りました。

兜飾りのパンフレットを眺めて、構造を予想しながら、できるだけ基本的なデザインを踏襲するように作りました。しころ(首周りを保護する部分)辺りは、かなりざっくり単純化しちゃっています。

素材探しにも結構時間がかかり、特に、イメージに合う柄の布を探すのが最初の難問でした。手芸屋さんでは「これだ!」と思えるものを見つけることが出来ず、最終的には、たまたま寄ったホームセンターでこの兜に使っている布を発見したのですが、手芸屋さんにこだわらなくても色々売っているんですね…。

出来上がった兜は、素材が柔らかくて軽いので、我が家の生後半年の赤ちゃんでも被ることができます。

 

手作り着用兜の製作手順」のページを公開しました。

 

 

木彫りのバターナイフ

木材をナイフで削り出してバターナイフを作りました。

前回スプーンを彫ったのはもう2年以上前の話。今回、木材にはヤマザクラの板材を購入しました。

気の向くままに彫り進め、紙ヤスリを掛けて、最後にクルミオイルでコーティングして完成です。

前回のスプーンでは主に彫刻刀の切出刀を使ってましたが、今回は刃の大きいクラフトナイフと、小さい鉋を新調しました。

鉋がけするとつるっとキレイになって楽しいです。