葛飾北斎 紙ブックカバー 札幌で委託販売中です

札幌市中央区にあるコミュニティスペース 「よりどこオノベカ」さんで毎週火曜日に行われているオノベカ市にて、4月から6月までの間、和風 紙ブックカバー 葛飾北斎 富嶽三十六景 5枚セットを委託販売しています。

チラシと、紹介ページまで作って頂きました。

4-6月 オノベカ市

T&H * オノベカ市出店者紹介

minneでも販売していますが、実物を確認できる機会ですので、ご興味のある方は是非訪れてみて下さい。

 

カテゴリー Info

印刷用 妊娠スケール(ダウンロード可)

妊娠週数や月数がひと目でわかる妊娠スケール(妊娠カレンダー)を作りました。

お高いものであれば、外側のカレンダー部分と内側の妊娠情報部分を独立して回せるため、予定日を変えて何度でも使えると思いますが、これは出産予定日固定の印刷用です。まあ、一度予定日が決まったら、その子に関しては変わらないでしょう…。また必要になったらもう一枚印刷すれば良い訳で。

外側から、月、日(土日のみ色付)、妊娠週数、妊娠月数、妊娠段階、体重、身長(妊娠5ヶ月までは座高)を示しています(*参考文献)。妊娠期間がうるう年の場合にも対応しています。体重や身長はあくまで目安ですので、育ち方は人それぞれであることにご留意ください。

以下から、出産予定日に合わせた妊娠スケールをダウンロードし、無料で使用することが出来ます。

必要に応じて内容を修正する可能性がありますので、ご了承ください。

 

妊娠スケール

出産予定日を入力してダウンロードをクリックして下さい。

曜日

2月29日を

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
二次配布、商用利用は禁止します。

* 参考文献 :

  • baby centre, “Average fetal length and weight chart” (https://www.babycentre.co.uk/a1004000/average-fetal-length-and-weight-chart) [accessed 2018.2]
  • Archie JG, Collins JS and Lebel RR, “Quantitative standards for fetal and neonatal autopsy”, Am J Clin Pathol. 126 (2), 256-65, (2006)
  • 公益財団法人 母子衛生研究会、「母子健康手帳 副読本」 (2017)

クリスマスブランチ

クリスマス飾りの主役といえばクリスマスツリーですが、今年の我が家のツリーはこんな感じです。

ツリー(木)というより、ブランチ(枝)と呼んだほうがきっと正しいのでしょう。

形の良い枝に、星のオーナメントとLED電飾を飾りました。

壁にも直接星のオーナメントを飾っています。

日が暮れた頃に電飾を灯すと雰囲気が出て良いです。

 

ランプ型タイルの鍋敷き

近所のイベントでタイルの詰め放題があったので、タイルを大量に入手。

さっそくランプ型タイルを並べて鍋敷きを作りました。

 

土台のベニヤ板は3枚重ねて角を丸くしています。

タイルをベニヤに貼り付け、ぶっつけ本番で白い目地材を使ってタイルの隙間を埋めて出来上がり。

目地材には↓を使いました。

1×4材で底なし木箱

ホームセンターで買ってきた1×4材を使って、木箱を何個か作りました。

りんご箱やワイン箱などを上手いこと重ねると、カラーボックスを並べるのに比べてオシャレ収納が出来るようです。Amazonで探すと、一箱1500円程度から。

だったら木箱くらい作った方が安上がりです。りんご箱に比べると小さいですが、今回作った木箱なら6フィートの木材2本と、ダイソーのニス1本で1箱出来上がりますので、一箱500円くらいで出来上がります。縦にすればA4サイズの本だって入ります。

寝かせて棚にする用なので底は作っていません。目隠し的に底に布を張るくらいはやってもいいかなといったところです。

 

ところで、一口に木箱と言っても、いろいろな設計があります。勝手に分類分けして所感を綴ってみます。

シェルフボックス 収納木箱 スタッキング アンティーク調 カントリー 約35.5x26.5x22.5cm

幅広の板を合わせるタイプ

欠点:大きい板は値段が高い。

クレエ ウッドボックス 収納 ハスキーコンテナー M 91200004

幅狭の板で作った枠を重ねて内側の縦棒で固定するタイプ

欠点:中身を詰めるときに角が使えない

木箱 LL 杉天然木ウッドボックス 収納ボックス ケース ワイン木箱 A23 什器/ディスプレイ/無垢材/店舗展示/野菜箱

幅狭の板で作った枠を重ねて外側の縦板で固定するタイプ

欠点:箱を寝かせて積み重ねると隙間が出来る

ベジタブルボックス 高さ200mm NL(ナチュラル)色

箱の長辺と短辺で板の幅を変えて繋ぎ目を上手いこと固定するタイプ

利点:箱の内外に余計な板がいらない

欠点:異なる幅の板が必要

 

安く作ろうと思うと、1×4材の様に幅狭の板を使うことになると思いますが、如何に箱を深くしつつ、丈夫なものを作るかが難しそうです。

 

色々考えた末、第一弾は1×4材をダボ継ぎして幅広の板にして、それを組み合わせて箱にすることにしました。さらに、箱状に組んだ時に、板が互い違いになるよう凹凸にすることで、どの向きに寝かせて使っても、荷重に耐えてくれればいいなと思いながら作ってみました。ちなみにネジや釘は使っていません。

箱はしっかり出来ましたが、ダボ継ぎが神経使って面倒です。第二弾では、木工用ボンドを使っただけの圧着で十分強度が出るんじゃないかと思い、自作クランプでがっちり圧着しながら作ってみました。

一段ごとの枠を作り、三段を重ねてボンドとクランプで圧着します。板が入れ違いになるデザインは踏襲しています。最後にダイソーのニスを塗れば出来上がり。完成品はこの記事の最初の写真のものです。

カテゴリー DIY

1×4材でケーブル収納木箱

1×4材で作ったケーブルボックスです。

 

市販のコンパクトなケーブルボックスとは違い、上に重量物が載っても大丈夫なように作りました。下の写真は小さい加湿器を載せてますが、大体この上に扇風機が載っています。

 

ダンボール製の内箱にケーブルやタップを入れ、ケーブル用の穴が空けられた木箱で覆う使い方です。内箱は隠れるのでかなり適当です。

 

木箱の底にはフェルトを貼ってあり、フローリングが傷つくのを防いでいます。

 

カテゴリー DIY

1×4材でキーボード収納モニタ台

PCモニタ周辺の整理のため、キーボードとマウスを収納できるモニタ台を作成しました。

材料に選んだのは1×4材。ホームセンターが夏休みセール中で6ftが2本で400円程度でした。

ホームセンターで、そのままカットもしてもらうという手抜き具合です。

高さ(内寸)が1×4材の幅、奥行きが1×4材の幅の3倍といった具合に、木材の元の寸法を活かしてカットも最低限にしています。

目指すは4面が覆われた箱のような形状です。

組立時に釘を打たずに作ろうと思ったので、強度が落ちないよう背面にも板を張ることにしました。

我が家のキーボードは無線ではないため、この背面にケーブルを通す穴が必要ですが、こればかりは自分で開けました。

木材の下準備が終わった所で、直角が出るように注意しつつ、釘を打つことなく木工ボンドのみで固定します。

接着部の上に重りを置いて一晩待つだけで、案外丈夫に組み立てられました。

表面にヤスリをかけ、家に余っていたオールナット色のニスを塗り、底に机の傷防止用にフェルトを両面テープで貼って作業終了。

キーボード、マウスがちょうど収納され、安定してモニタを載せることのできる丈夫なモニタ台の完成です。

 

カテゴリー DIY

被れるサイズ フェルトのシルクハット

ダンボールで作ったシルクハットの型にフェルトを貼って、シルクハット風の帽子を作りました。

1才児の頭にはすっぽり入るくらいの大きさです。

 

ところで、シルクハットは絹(シルク)を使うからシルクハットなのであって、この形だけを言うならトップハットと言うらしい…。てことは、今回のこれはトップハット型ダンボールフェルトハット?まあいいや。

 

選べる天然色 三角屋根の木の家ピアス

アクセサリーの製作・販売を始めました。

アクセサリーの第一弾は、三角屋根の木の家をチャームにしたピアスです。

https://minne.com/items/10294244

天然の木の色をそのまま使ったナチュラルなアクセサリーなため季節を選ばず身につけることが出来ると思います。

 

また、木の色は現在①薄茶色、②薄茶色+縞、③茶色、④黄色、⑤濃茶色の5種類に対応します。

 

チャームの大きさは1cm×1cm×1cm程度です。下の写真は茶色と黄色の木の家です。

 

天然の木を素材にした手作り品のため、色や木目が異なる場合や、形が不揃いな場合がありますので、ご了承下さい。

こちらから購入できます。https://minne.com/items/10294244

ディアウォールを使ったベビーゲート

息子が動き回るようになり、キッチンに侵入しようとするのでベビーゲートを作りました。

木材をカットして作った木枠に、100均のメッシュパネルをはめ込んで作った扉を、ディアウォールで立てた柱に取り付け、閂で錠するようにしています。

 

メッシュ部分につかまり立ちしても大丈夫な程度には安定しています。

錠を室内側につけてしまったので、もう少し大きくなって知恵が出てきたら自分で開けてしまうかもしれないけど、その時は改造しようと思っています。

 

扉が奥に行きすぎないように、柱にはストッパーも設置してあります。

写真の通り、足元に段差がないので躓くことがないのが売りの一つ。

その代わり、少しでも開けておくと息子君にとって障害がないに等しく、普段なかなか通らせてくれないこともあり、すごい勢いで侵入してきます。しっかり錠をしましょう。

カテゴリー DIY